未来を見つめようキリッ - そこにある彼方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を見つめようキリッ

こんにちは、蒲鉾です。

今日も、Z/Xのリソースリンクとプレイングについて考えてみようと思います。


※おさらい

リソースリンク-リソースに特定のカードがある状態及びリソースの枚数が一定数以上
         ある場合に、リソースフェイズにカードを置く又は効果により、
         リソースにカードが置かれた場合に、発動する効果。


あってますよね?

現段階では、リソースフェイズと効果で置かれた場合の2通りです。
ゲームスタート時にリソースを2枚置く時点で、
シェダルの効果は発動しない裁定となっていたと思いますので。


そして、ここでプレイングの話になります。
まずはリソースフェイズ時にリソースへ置くカード、
基本的にゲームスタート時は高コストをリソースへ置くと思います。


それはなぜか?


序盤は使用することが出来ないため、
それを死札ととらえリソースとして活用することで、
他の手札の使用制限が緩和され、手札の質が向上すると考えてます。
では逆に、序盤に相手が低・中コストをリソースへ置いたとしましょう。

ここがポイントだと思います、使用できるカードを使用できなくする。

これには2通りの考えがあると思います、
 ①手札に同コスト帯がダブついてる
 ②手札に握っておきたいカードがある

こんなところでしょうか?

 ※少数色のリソースを増やすという考え方もあると思いますが、
   これは①に該当すると考えます。


では①について、これから相手の展開が謙虚になる、これが自分の考えです。
IGの当たり外れも盤面に影響してきますが、
これを抜けば同等の攻防で中盤に入れる、
または自分側優勢でゲームを進められると思います。

次は②について、これが思いつくかどうかで終盤に響いてくると思います。
予測は、


特定のカードが必要なコンボカード、
または1:2以上のアドバンテージを得られる強カード。



リソースリンクのカード達はここに該当すると考えてます。
これらの予測までがプレイングの話です。
予測できる情報を見逃して、
必要なカードをリソースに送らないように気をつけたいです。

今回はここまです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒲鉾

Author:蒲鉾
茨城を拠点とし、関東で活動するZ/Xプレイヤーです。
日記とデッキ及びプレイ考察が主な目的です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。